緊急事態宣言(1月13日)発令に伴う稽古の中止について

本日(令和3年1月13日)、京都府に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、あやべ日東精工アリーナの使用時間も20時までとの使用制限がされました。また、綾部市を含む京都府北部地域においても、感染情報が発表されている状況であり、綾部剣道連盟の通常稽古(月・木)及び篤心館の稽古(月・水・土)の稽古につきまして、1月14日(木)の稽古から、当面2月7日まで休止することとしました。なお、再開する場合は会員の方には事前に連絡します。剣道連盟会員以外の先生方の御確認は事務局又は剣道連盟会員にご確認ください。京都府剣道連盟の夜間稽古も本日HPで休止のお知らせが掲出されています。なお、京都府剣道連盟が実施する昇段審査等については、現時点では中止となっていませんので、受審される方は、綾剣連申込期日までに受審料を添えて事務局まで申し込みください。

令和3年新春稽古会開催

綾部剣道連盟令和3年新春稽古会を、1月9日(土)9時からあやべ日東精工アリーナ武道場で開催しました。参加者は綾部剣道連盟会員・剣友、篤心館・剣美館道場の練習生約30人の参加がありました。武道場入場に当たっては、ガイドラインに基づき、うがい、手洗い、検温を行ったのちに入場していただきました。参加者全員で集合の後、柴田会長、西村育成部長のあいさつの後、事務局長から新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインの説明、緊急事態宣言発令後の対応、今後の稽古予定などの説明がありました。その後、全員で準備運動、素振りを行いました。一般会員全員による日本剣道形の後、記念写真撮影しました。面をつけての稽古は、一般会員と小中学生に分かれて、基本打ち、自稽古(小中学生は打ち込み稽古、掛り稽古)を行い、11時30分に終了しました。

大会中止のお知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大防止ため、下記大会を中止することを決定しました。
ご予定されていた方には申し訳ありませんが、ご理解をお願いいたします。

・VICTAS杯 第35回綾部オープンカデット卓球選手権大会(令和3年3月14日(日))

年末年始業務1月一斉受付日のお知らせ

■年末年始業務のお知らせ
※スポーツ協会の事務所、窓口業務

<年末> 12月25日(金)まで通常業務
<年始> 1月5日(火)から通常業務

年末年始休暇 12月28日~翌年1月4日
(市民センターは休館日となります。)

(参考)
綾部市スポーツ協会事務局業務日:月曜日~金曜日・午前9時~午後5時
(休業日=土曜日、日曜日、祝日、休日〔年末年始等〕)

■令和3年1月の一斉受付日は、1月5日(火)です。ご承知ください。